2/15(火)豚白菜の塩だれ炒め弁当

おはようございます。




悲しい夢を見て泣きながら目覚めた朝は、たいていの場合、割れるほど頭が痛い。

しかし、甘いものを食べ過ぎても似たような現象が起きることをあまり人は知らない。

ていうか、なるかどうかもわからない。

しかしワタシは頭が割れる。

そして、翌朝、“物”が吹き出るのだ。


取引先の工場から大量に届く、出来そこないの“わけありチョコ”


バレンタインデー。


恐ろしい・・・。


まぁ、結局のところ、目の色変えてガッツク自分が悪い。




c0197628_5581011.jpg
【本日の弁当】

○豚と白菜の塩だれ炒め 桜海老を加えて
○鮭の西京焼き
○クルクル卵
○玄米&梅干&ちりめん山椒


鮭がメインのはずだったのに・・・。


ここから見ても、
c0197628_611584.jpg


どこから見ても、
c0197628_613815.jpg


鮭が見えない。

奥ゆかしさを美徳と見るか。消極的でやる気なし、と見るか。

それは、受け取る側の判断にゆだねられます。

逆を返せば、この卵。

でしゃばりと見るか。積極的でやる気マンマンと見るか。

この場合、単なる配置のケアレスミスと見なされます。

よって、卵に罪はなし。




豚と白菜の芯のみを炒め、塩だれであんかけ風に。
c0197628_6685.jpg


炒め始めて今さら気付く、薄っすらボンヤリな色合いに、土壇場で赤を求めて右往左往。

にんじん切るのがめんどくさいので、桜海老を加えてみました。

色味と旨みで結果オーライ。




c0197628_692999.jpg




わずか20分の弁当作り。

その短い時間の中にも、それなりの悲喜こもごもがあるものです。

平凡に見える日々もそう。

泣きながら迎える朝もあれば、やる気がみなぎる朝もある。



と、蒸しタオルを片手にまぶたの腫れと闘いながら、そう思う朝もある。




ご訪問&最後まで読んでくださりありがとうございます。
おかげさまで今日も弁当作れました。
お帰りの際、ひとつ、いやふたつ(3つはムリか?)クリックお願いします。
お手数かけてすいません。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ

人気ブログランキングへ






枕の跡もな。




本日の弁当箱はコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓



1gあたり4円の甘辛い罠
↓↓↓↓↓↓↓


[PR]
by gohanparerumasaki | 2011-02-15 06:21 | お弁当

春から息子と一緒に暮らすことになりましたので、タイトルにplusを付けました。弁当生活も必要に迫られ、再開しました。


by まさきち(よりのまさみ)