7/13(水)茄子の肉巻き中華照り焼き弁当

おはようございます。




やった!

なでしこジャパン準決勝、フジテレビ系列で生中継決定!


地上波放映権を持ってて今まで知らん顔してたこととか、許せるくらいウレシイです。

どうせなら、ドイツ戦からやっとけよ、と思う気持ちはグッと抑えて、フジテレビのご英断に感謝します。


14日は超早起きだ。

3時35分。

うん。頑張る。

なでしこガンバレ。



c0197628_6373015.jpg

【本日の弁当】

○茄子の肉巻き中華照り焼き
○わかめと卵のおかかマヨ
○アスパラソテー
○白ご飯&梅干&茗荷味噌



暑くて、暑くて・・・。

いくら最寄とはいえ、会社から歩いて帰るルートの、家より先のスーパーに寄るパワーが、帰宅の時には残っていない。

うっかり残業などしようものなら、そんな気はサラサラ起きないです。

そんなわけで、今日もあるもので作りますよ、弁当。



そろそろヤバめの茄子と、冷凍庫の豚肉で肉巻き。

茄子には中華が似合います。

中華気分で照り焼き仕様。



c0197628_6384271.jpg
【茄子の肉巻き中華照り焼き】

【材料】(1人分)
○茄子・・・・・・・・・1本
○豚薄切り肉・・・・2枚

◎塩こしょう・・・・・・少々
◎小麦粉・・・・・・・・少々

●酒・・・・・・・・・・・・・大さじ1強
●みりん・・・・・・・・・・大さじ1
●しょうゆ・・・・・・・・・大さじ2/3
●オイスターソース・・大さじ1/2~2/3

★油・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1/2

【作り方】
①茄子は縦に4等分に切り、長さ半分に切った豚肉を巻き、塩こしょう、小麦粉を薄くまぶす。
②油を熱し、①を巻き終わりから焼き始め、全体に焼き色をつける。
③酒をふり入れ、フタをしむし焼き。酒が半分くらいになったら、みりん、しょうゆ、オイスターソースを加え、転がしながら照りよくからめる。



ご飯にあいます。

旨いです。




わかめ残あり。

酢の物したいが、共に入れたいきゅうりはなし。

きゅうりどころか、酢の物野菜が何もなし。

いっそわかめ単体か。

考えあぐねて、やっぱり今日も炒め物。

とどのつまりは、炒め物が一番ラクなわけですね。




c0197628_639458.jpg
【わかめと卵のおかかマヨ】

【材料】(1人分)
○生わかめ・・・・・・・・50g
○卵・・・・・・・・・・・・・・1個
○かつおぶし・・・・・・・1P(5g)

●マヨネーズ・・・・・・・・大さじ1と1/2
●しょうゆ・・・・・・・・・・・小さじ1強

★油・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1

【作り方】
①わかめはさっと洗ってザクザク切ってしっかり水切り。卵はときほぐし、マヨネーズ大さじ1/2を加えて混ぜる。
②油大さじ1/2を熱し、いり卵を作り、ときほぐしたボウルに戻しておく。
③残りの油を熱し、わかめを炒め、色が鮮やかになったところでしょうゆ、かつおぶしを加えて炒め、卵を戻し入れ、炒め合わせる。
④マヨネーズ大さじ1を加え、火を止め、余熱でとかしながら混ぜてからめる。



いり卵を、ときほぐしたボウルに戻すのは、洗い物を少なくする利点の他に、ボウルに残った卵を少しでも無駄なく使うため。

これは、ちょっと火が入り過ぎ、パサ感の勝ったいり卵の、パサパサの緩和にも有効ですね。

ケチか知恵か。

このへん、実に曖昧ですが、こじつければそんなトコ。



きゅうりはなくても、何故かアスパラはあったりします。

確実、先週のものですね。

不思議と未だシャキっとしてます。

炒めて、塩こしょうして、シンプルにいただきます。
c0197628_6392965.jpg




茗荷茄子。
c0197628_639496.jpg


自家製。

炒めて作る、夏ならではの常備菜。




完成。
c0197628_6401478.jpg




熱中症に気をつけて。

うちの会社では、塩飴が経費で購入されました。

取り放題、食べ放題です。

しかし、塩飴の食べ過は舌をヤラれます。

食べ過ぎにはくれぐれも注意しましょう。



特にワタシ。



ご訪問&最後まで読んでくださりありがとうございます。
おかげさまで今日も弁当作れました。
お帰りの際、ひとつ、いやふたつ(3つはムリか?)クリックお願いします。
お手数かけてすいません。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ



人気ブログランキングへ



キロ買いしてるらしい。



本日の弁当箱はコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓




たしか本日発売!
↓↓↓↓↓↓↓


[PR]
by gohanparerumasaki | 2011-07-13 06:49 | お弁当

春から息子と一緒に暮らすことになりましたので、タイトルにplusを付けました。弁当生活も必要に迫られ、再開しました。


by まさきち(よりのまさみ)