8/25(木)鮭じゃが弁当

こんばんは。



体操の内村選手の奥さんが、内村選手の体への負担を配慮し子供も長時間抱っこさせない、というエピソードをテレビで観ていた息子が、

「子供って重いん?」

と聞くので、

「お母さんは産まれた時から抱いてて徐々に重たくなるからそうでもないけど、お父さんとかたまに抱くと重く感じるのかもね」

と答えたら、

「久しぶりに抱っこ、どう?」

と手を広げたよ。



いえいえ、結構。
したくも、されたくもないしね。
いやいや、全然遠慮じゃないから。
それより、たまには家でも服を着なさいよ。



c0197628_20274416.jpg
【本日の弁当】

〇鮭じゃが
〇焼きソーセージ
〇きゅうりの柚子胡椒和え
〇ピーラーにんじんのマリネ
〇切干大根の煮物
〇白ご飯、梅干、青菜ふりかけ



両面に軽く塩をふった鮭の切り身2切れと、
皮をむいて7~8㎜くらいのいちょう切りにしたじゃがいも1個を、
鮭が折れずに入るサイズの小鍋に入れ、
ヒタヒタの水を加えて、
おろしにんにく、酒、塩で煮汁がほぼなくなる煮たら、
木べらで鮭を強引にひと口大に断ち切り、
仕上げにバターを落とし、鍋を持ち上げグルングルンと回してバターがとけたら黒胡椒をふり完成。
ドライで全然いいし、むしろドライが便利で手軽で日持ちもするので、
あればパセリみじんとかちりばめて。
c0197628_2038316.jpg
木べらで断ち切るにはなかなか厄介な鮭の皮は、
出来るだけ力が分散しないように
上から直角にムン!とやると、割といいような気がします。



ギュウッとしぼった小口切りのきゅうりの塩もみに醤油少々をたらしてボウルの端に寄せます。
柚子胡椒を、チューブをちょっと押してからブンとふり、ボウルの底に落とします。
箸できゅうりを素早く混ぜ、その勢いでもって柚子胡椒を全体に行きわたらせます。
味見して砂糖をひとつまみ、再度の味見でもうひとつまみ加えて、出来上がり。
c0197628_20485671.jpg
二度の味見で、元々そう多くなかった出来上がりの量が更に減ったので、詰める量は自然少なめ。


母。
c0197628_20511119.jpg


息子。
c0197628_20512852.jpg



今日の弁当で、圧倒的に足りない緑の補いに、青菜のふりかけを梅の周りに散らしましたが、あたり一面の赤っぽさに全く太刀打ちできず撃沈。

鮭、にんじん、切干、ソーセージ、そして梅干。

全体に赤みを帯び過ぎて、夕焼けっぽいわ。

というか、夕焼けに喩えられる弁当って一体なんなの?

いいの?悪いの?物悲しいの?



ではまたね。



参加させていただいてます。
クリックしていただけると、
とてもとても嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ



保存容器としても秀逸。
むしろそちらが本職かと。
↓↓↓↓↓↓↓





[PR]
by gohanparerumasaki | 2016-08-25 21:05 | お弁当

春から息子と一緒に暮らすことになりましたので、タイトルにplusを付けました。弁当生活も必要に迫られ、再開しました。


by まさきち(よりのまさみ)